AQUASCAPING&OTHERS

水槽部屋計画着々進行中

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バレンタインデーといえば

この間の日曜はバレンタインデーでしたね。
バレンタインデーといえばチョコ。
そしてアクアのチョコと言ったらこれ。

18286-1.jpg
(画像はチャームさんよりお借りしました。)

そう、チョコレートグラミー。
略してチョコグラです。

この魚には思い入れがありまして、というのも熱帯魚を飼いだしてから初めて繁殖にトライした魚なんです。
この魚、いわゆるブラックウォーターに生息する魚で、pHの低いところに住んでいます。
住むところも体もブラック。だけどなぜか愛おしいこの魚。
なかなか水にうるさいです。

そんなことを全く知らずに、ドワーフグラミーと変わんねーだんべ?ってショップにいたの導入したのが最初なんですが、コミュニティタンクに入れたらもちろん★になってしまいました。しかもショップで購入した翌日^^;

その後よく調べて再チャレンジ。今度は★にならずに済みました。
そして調べていく中で、マウスブルーダーということを知り、繁殖させたい衝動に駆られていました。

~長いので中略~

で、散々失敗しましたが、繁殖には成功しました。
当時のことを思い出しながら書いているので、間違っていることもあるとは思いますが、自分はこんな方法で飼育・繁殖しました。これをやれば必ず繁殖できるというわけではないし、間違っていたり、適当な部分が多いので話半分で見ていただければ幸いです。また、これから書くことを実行するなら自己責任でお願いします。

飼育について
まず繁殖させるには親がいないとはじまりません。
成熟した個体では鰭が大きいのがおよそメスだと思われるんですけど、地域差、個体差があるのであんまり判断つきにくいです。特に若魚なら尚更。そして判断力の無い自分なら輪をかけて。
なので、キリがいいという理由だけで5匹程度購入すれば、まぁその中にオスメスいるだろうという感じで飼ってました。
ただ、チョコグラって容姿に似合わず同種間に攻撃するので流木入れて、アホほどモス入れて、サルビニア入れて隠れる場所を多くしていました。
サルビニアお勧め。ブラックウォーターでも育つシダ植物です。浮きます。増えます。

水はピート+RO水でブラックウォーター作ってました。
使用するピートは適当。安いやつで十分です。アク抜きなんかしません。
RO水がめんどくさいので、暇なときに換水用水槽に水を作って水中フィルター回してました。
pH5.0程度。蒸発したらカルキ抜いた水道水で足し水。
水道水使用で注意するのは、pH低いと水道水入れすぎた場合に急激にpH上がります。足した直後ではどれだけpHが上がるかわからないので、換水する日に足さないことが大事だと思います。とはいうものの、水道水足す量はまぁ適当でした。
しかし水を作り置きしているとなんだかんだで導電率上がってきてしまうので、(部屋の空気が異常に汚かっただけな気もする)個人的には作った水はなるべく早く使ってしまう方がいいと思います。

飼育水槽の換水の目安なんですが、導電率90ppmμS(10.2.22訂正)超えだしたら換水してました。
導電率を測定することにより、キレイか汚いかの判断が数値化されているので、必要最低限の状態は確保できます。

エサは痩せない程度に人工餌料を適当に与えていました。ウチでは黒い容器に入ったホームセンターとかでも見かけるヤツ(名前は忘れた笑)を与えてました。与え過ぎると逆に★になります。
チョコグラは人工餌料食べないって言っていた人がいたんですけど、そんな個体は飼ったことないので知りません^^;

と、こんな環境で飼育していたんですが、そのうちペアができました。
いや、こんな感じでやっているとペアできるまでは結構容易です。
が、ここからが苦労するんです。


書いてて思ったけれど、特に珍しい飼い方でもなんでもありませんね^^;
ごく普通なチョコグラの飼い方だと思います。

端折って書いたつもりでも、ついダラダラと書き綴ってしまいました。

徒然なるままに…次回へ続く。
スポンサーサイト

| チョコグラ | 00:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。