AQUASCAPING&OTHERS

水槽部屋計画着々進行中

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニセ120cm水槽 新レイアウト

1年ぶりの更新、お久しぶりです。
今年はIAPLCにも出品せず、
当然NAパーティーにも行かず、
自宅のPCで皆様の水景を拝見しました。

が、やはり出品していないと大して楽しめませんね。

でも、少しばかりパッションを分けて貰い、
新しく水槽を立ち上げましたよ。

20161015175957cef.jpg
IAPLC2015で出品した60cmロータイプ水槽で立ち上げ。
前回のIAPLCで使った石を流用して石組みで。

20161015175957983.jpg

立ち上げ後2週間くらい?か、
いい感じにコケが出てきましたよ。

ある程度のコケは水槽の調子をみるのに必要。
前に使っていたソイル+3Lほどソイルを追加しています。
今のアマゾニアはあんまり肥料分無いのでコケが出ないと逆に怖い。
デル○。○のヤツが気になっている今日この頃。

この水槽もコケが出る前は水草が育っているのかいないのかわからんよーな状態でしたが、
コケが生えてくると同時に水草の調子も上がっています。
初期はソイルが舞っている状態で濁っているとき以外はなるべくいじらず。
コケが生えてもあたふたしない。
水質をチェックし過ぎてあれこれ添加剤入れたり水を全換水なんてやらない。
水質チェッカーに踊らされないんだゼ。
適度に液肥を調整しつつ、落ち着いてヤツらに任せる。
まさに大人な対応。

20161015175957aff.jpg

エビがコケに群がるのを見るのは楽しい。
もったいぶらずにこのサイズにも20匹ほど投入。
そしてコケが無くなったら少しだけ残してエビ撤収。
プレミアムモス食われてハゲ散らかされるのはイヤだからね。

ハゲ散らかすという言葉に嫌悪感を感じる。
まさに大人。
いや、おっさん。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 60水槽 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

IAPLC2015出品作品

今回の出品作品

World Ranking 65 WINNING PRIZE

「早秋の風」

DSC_2814a.jpg

サイズ:60㎝×30㎝×20㎝
使用水草:エラチネ・ハイドロバイパー、ロタラsp.ワイナード、リシア、ヘランチウム・テネルス
       ベトナムゴマノハグサ、フレームモス、シマフクロハイゴケ、ウォーターフェザー

生体:レッドテトラ

今回のポイント
・60㎝水槽に見えない水槽を作る
・中央の空間を開け、左右、水面の写り込みを意識したこと
・エラチネ・ハイドロバイパー(ミニグロッソ)使用
・有茎、フレームモスのトリミング回数                       などなど

どうでしょーか?
ぱっと見120㎝水槽っぽく見えてないでしょうか?
正直水槽の高さが低すぎてロタラspワイナードのトリミングがしんどかったです
エラチネ・ハイドロバイパーの成長の遅さにヒヤヒヤしましたがなんとか出品することができました。
エラチネ・ハイドロバイパーはベトナムゴマノハグサになんだか似ていて、肥料分が底床に少なくなるとハンパなく育たない
逆に底床の栄養が多いとバンバン増えることがうっすら見えてきたような気がします。

今回の水槽はじつゎ…

60㎝以下の水槽なら世界一!

やったゼ!

審査員の先生方ありがとうございました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

| 60水槽 | 00:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天野さん。ありがとう。 IAPLC結果

ネイチャーアクアリウムの生みの親、天野尚氏が亡くなった。
昨年のパーティーではジオラマではない水景、
ネイチャーアクアリウムの水景を欲していたように感じられたのも、
今年のパーティーは行わないと仰っていたのも、
ご自身の死期を悟ってのことだったのかもしれない。

今年の自分の作品は、過去に出品していたような奇をてらったような作品ではなく、
水槽のサイズは小さいが、配石、映り込み、トリミングを意識した
正統派(自分ではそう思う)のネイチャーアクアリウムを作ったと思う。
今回は誰にも助言を貰わず、自分の作りたいと思ったものを感じたように。

撮影はそんなに手をかけず、魚の泳ぐ方向も大して揃っておらず、写真もうまく撮れていない。
撮り方なんて、それこそ応募ページのそれと変わらないようなものだ。
以前の作品よりも全然撮影に手間をかけていない。
今回応募した作品はそんな作品だった。

今回が天野さんの選ぶ最後のコンテスト。
DSC_2830.jpg

DSC_2832.jpg
今回の結果は特別なものだ。
写真ではない、ネイチャーアクアリウムを評価してもらえたと自分の中では思っている。

天野さん。今までありがとう。

| 60水槽 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。